「う~ん、まずい!もう一杯!」のイメージが強い青汁は健康食品の代表と言ってよいほど、世間に浸透しています。

そして、その青汁には多くの栄養素が含まれており、健康な体を目指す方にとっては重要なものとなってきました。多くの方が「青汁を飲む」ことに意識が集中していると思います。

しかし、もしその青汁を飲む「時間」が効果に関係しているとしたら、あなたは健康食材青汁の良さを100%活かしきれていないかもしれません。

今回は青汁の効果を十二分に発揮するための効果的な時間について調べてみました。

ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_s

青汁の基本的な飲み方について

良薬は口に苦し、と言いますが青汁は薬ではありません。その為、毎日この時間にこの量を飲んでくださいというものは決まっていないのです。

細かい飲み方は青汁ごとに違ってくるかもしれないので、説明書通りに飲んでいただきたいのですが大まかに言えば決まっていないものが多いはずです。

しかし、食物繊維が豊富である青汁は飲みすぎるとお腹が緩くなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 目的ごとに飲む時間を変えると良い?

青汁は目的に応じて飲む時間を変えると、なんと違った効果を発揮すると言われています。一体どのような効果があるのでしょうか?

例えば朝起きてすぐに飲む青汁は栄養補給にピッタリの飲み方です。睡眠中に失った水分を青汁で補給しつつ、栄養をしっかりと吸収できる状態が整っています。

青汁の栄養を体全体に行き渡せるためには、この時間帯に飲むことがベストでしょう。

また、ダイエットを目的にしているのであれば食事前に青汁を飲むようにしてみると効果があります。食事の前に青汁を飲むことで、満腹中枢を刺激し少量の食事で満腹感を得ることが出来るので効果が表れやすいでしょう。

さらにダイエット中に陥りやすい栄養不足になりづらい為、健康的なダイエットに臨むことが出来ます。

そして、たっぷりの食物繊維を利用した便秘の改善には就寝前に青汁を飲むように心掛けてみましょう。寝ている間に青汁の中に含まれている食物繊維が腸内を綺麗にして便秘解消につなげてくれます。

しかし、体質によっては体調不良を起こすことも考えられるのでその際には飲む時間帯を少しずらしてみても良いと思います。

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

まとめ

青汁はこの時間に飲め!用途別飲むと効果的な時間解説の記事はいかがでしたか?

最近では、青汁は健康食材の中でも特に人気があるのでドラックストアやスーパーでも見かける機会が増えたように感じます。

さらには美味しくないイメージを覆す美味しい青汁も多く販売されるようになりました。

その為、青汁人気は沸騰し今では誰もがどこでも買える商品になっています。

いつでも手軽に飲める青汁ですが、飲むタイミングによって様々な効果をもたらしてくれます。栄養補給やダイエット、便秘解消などあなたの悩みに合わせた青汁ライフを生活に取り込んでみてはいかがでしょうか?

いつも通りに飲む青汁と、違う実感があるかもしれませんよ。