「体の健康のために青汁を飲み始めた」という方からよく「青汁を飲み始めたら便の色が緑色になった」という話を聞きます。

便は身体の不良を教えてくれるとっても大切なサイン。そのサインがいつもと違う色をしている、となると驚く方も多いのではないでしょうか?もしかして青汁って体に悪いの?栄養がきちんと吸収されていないの?と様々な疑問が脳裏によぎることでしょう。

今回は青汁を飲んだ時に便の色が変わっても心配がないのかどうか、しっかりと調べてみました。

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

まずは健康な便のことを知ろう!

食べたものによっても排泄される便には大きな違いが出てきます。健康的な便というのは黄色みがかった茶色をしており、半練り状やバナナ状と表現されるのが一般的です。

それ以外だとなんらかの体のサインだと考えていいでしょう。例えば水分が少ない時には固くてコロコロした便が出たり、消化不良弁であったりと私たちが気付くことがなかなかできない部分まで教えてくれます。

緑色の便?正体はだれだ?

健康的な便な色ではなく、緑の便が出てきたら誰であってもびっくりするでしょう。もしかして何か悪い病気にでもかかったのかと疑ってしまうかもしれません。

しかし、その心配はありません。その緑色の便の正体は青汁の中に含まれている「クロロフィル」という成分なのです。

このクロロフィルという葉緑素は植物が光合成によって緑色を作るもの。なので、もともと私たちの身体に吸収されないという特徴を持っています。その為、便と一緒に体外に排出されるのです。

 それでも嬉しい、クロロフィルの効果

身体に吸収されないといっても、全く効果がないわけではありません。クロロフィルには血液中の老廃物を体外に排出する効果やコレステロールを正常化し、血液をサラサラにする効果があると言われています。

その他にも貧血を防いでくれたり、老化防止、体臭・口臭・便臭を消してくれるという老若男女に嬉しい効果も認められている成分なのです。

デトックス効果で綺麗な肌を作ったり、体の中からキレイにすることができるので健康食材青汁様様ですね。

8f8a2c86abc4b907d95b5b7908b7dd0e_s

 まとめ

青汁飲んで緑のうんこが出ても心配ない?の記事はいかがでしたか?

普段と違うことが起きれば、誰だって動揺し困惑することでしょう。しかし、それらが全て悪いことかというとそういうわけではありません。

緑色の便は体内にクロロフィルがきちんと行き渡った証拠。つまり青汁の成分がしっかりと体のすみずみまで行き渡ったと考えても良いのです。

みどりの便は身体の中が綺麗になっている証です。しかし、排便時に腹痛があったり水のように流れ出る便の時は要注意。青汁が体質に合わないのか、はたまた何か違う原因で身体が不調を訴えているかもしれません。

そうした時には早急に青汁を中止し、医療機関の受信をおすすめします。

青汁は医療食品ではありません。あくまで健康増進食品であることを忘れずに、日々の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?